訪問看護の雑誌|最新情報満載おすすめ8選

最新の訪問看護の情報が欲しい、訪問看護の勉強がしたいと言った場合には、訪問看護や地域医療に関する雑誌もおすすめです。

教科書、参考書ももちろん役に立ちますが、雑誌の魅力は最新の情報や動向がわかるところです。

現在の訪問看護の現状や問題点、今後の動向などに関する情報をいち早く手に入れるためには、ぜひ雑誌を手にとってみるといいでしょう。

今回は、訪問看護におすすめの雑誌をまとめてご紹介しますので、ぜひ気になる雑誌をチェックしてみましょう。

1. 訪問看護におすすめの雑誌一覧

訪問看護に関するおすすめの雑誌一覧をご確認ください。雑誌は年間購読することが多いと思いますので、料金と合わせてご紹介します。

各雑誌の内容については、この後お伝えしていきます。

雑誌名 定価(1冊、税込) 年間購読料
訪問看護と介護 1,512円 13,608円
コミュニティケア 1,512円

 

17,237円(通常号12冊)

20,520円(通常号12冊+増刊号2冊)

難病と在宅ケア 1,080円 12,960円
精神科訪問看護 1,080円 12,960円
訪問リハビリテーション 2,160円 12,000円(年間6冊)
地域ケアリング 1,240円 年間購読の設定なし。書店から定期購入。
在宅新療 2,268円 25,920円
医療と介護Next 1,728円 12,570円(年間6冊)

 

2. 訪問看護と介護

雑誌の特徴

ますます強まる「在宅」の時代に、現場の視点を重視した専門職・当事者による情報を精選して提供。在宅ケアに携わるすべての方に。

引用:訪問看護と介護Facebookページ

発売日や購読料

  • 出版社:医学書院
  • 発売日:毎月15日
  • 価格:1,512円
  • 年間購読料:13,608円

電子書籍(デジタル版)あり

年間購読に限りますが、電子ジャーナルも用意されています。年間購読料は、冊子版と同じです。

また、冊子と電子版を両方とも購読したい場合には、15,600+税の年間購読料になります。

3. コミュニティケア

雑誌の特徴

訪問看護師、介護保険施設の看護職、ケアマネジャーのための月刊誌。「地域連携」「スキルの向上」をキーワードにコミュニティ(地域・在宅)ケアの情報満載です。

引用:日本看護協会出版会

発売日や購読料

  • 出版社:日本看護協会出版界
  • 発売日:毎月1日
  • 価格:1,512円(税込)
  • 年間購読料:17,237円(通常号12冊)、20,520円・・・通常号12冊+増刊号2冊(6月、11月)

電子書籍(デジタル版)なし

コミュニティケアには電子書籍版はありませんので、冊子での購入のみとなります。

4. 難病と在宅ケア

雑誌の特徴

毎月特集は各種難病を最新治療情報と看護・介護・リハビリ・患者家族からの具体的ノウハウを医学的な視点と、さらに患者家族の貴重な経験のドキュメント記事で構築されています。また、連載には感染対策、人工呼吸療法、緩和医療、食事療法 、 褥瘡対策、口腔ケア、リハビリテーション、住宅環境整備、在宅医療、訪問看護企画を毎月各専門家より執筆いただいています。

引用:難病と在宅ケアFacebook

発売日や購読料

  • 出版社:日本プランニングセンター
  • 発売日:毎月1日
  • 価格:1,080円(税込)
  • 年間購読料:12,960円(税込)
  • 電子書籍(デジタル版)

難病と在宅ケアの電子書籍はありませんので、冊子での購入のみとなります。

5. 精神科訪問看護

雑誌の特徴

毎月の特集や連載では「ケアに必要な技術・知識」「新しい情報の解説」「現場での困りごとの解消」のための記事を掲載。他の病院や地域でどのような実践をしているのか,法律的な知識など,全国の精神科医療従事者の疑問・課題に応えます。また全国で開催される学会や研修会の情報も充実。患者さんによりよいケアを提供するための技術や知識,学びを深めるための情報が満載です。

引用:精神看護出版

発売日や購読料

  • 出版社:精神看護出版
  • 発売日:毎月20日
  • 価格:1,080円(税込)
  • 年間購読料:12,960円(税込)

電子書籍(デジタル版)

難病と在宅ケアの電子書籍はありませんので、冊子での購入のみとなります。バックナンバーの在庫が無い場合には、復刻版CD-Rの購入が可能です。精神看護出版のホームページより申し込みできます。

6. 訪問リハビリテーション

雑誌の特徴

今後、日本において訪問リハビリテーションはリハビリテーション分野の重要な領域となっていくことは間違いありません。しかし現在、セラピストの目線をしっかり持ちつつ、訪問リハビリテーションという地域へのアプローチを考えるような雑誌は見当たりません。セラピストがセラピストの目線でしっかりと訪問リハビリテーションを考える切っ掛けを提供するとともに、この分野における先人たちの知恵を紹介し、学術的な問題にも着目する雑誌を目指します。

引用:gene

発売日や購読料

  • 出版社:gene
  • 発売日:偶数月の15日
  • 価格:2,160円(税込)
  • 年間購読料:12,000円(税込)

電子書籍(デジタル版)

訪問リハビリーテーションの電子書籍はありませんので、冊子での購入のみとなります。

7. 地域ケアリング

雑誌の特徴

「地域ケアリング」は,ケアの必要な人に対して,看護職と介護職が協働して行う,いのちと生活を支えるケアの知識・技術とその基盤となる理論と情報を提供いたします。毎号特集を中心に,新しいケアの情報と実践や,看護・介護の基礎テクニックや様々な事例をそれぞれの立場から検討して紹介したり,厚生省や文部省関係のケアに関する介護保健法をはじめとした最新情報を掲載し,専門的なむずかしい内容を平易に分かりやすく解説するだけでなく,新しいケアに関する資格試験の傾向と対策などの情報や,学会動向や広く医療に関する国内外の情報もコンパクトに紹介しています。

引用:北隆館

発売日や購読料

  • 出版社:北隆館
  • 発売日:毎月12日
  • 価格:1,240円(税込)
  • 年間購読料:年間購読の設定はありません。書店から定期購入することは可能です。

電子書籍(デジタル版)

地域ケアリングの電子書籍はありませんので、冊子での購入のみとなります。

8. 在宅新療0-100

雑誌の特徴

2025年に団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となり、超高齢社会が目の前に迫っており、今後は在宅医療の重要性がより一層増すことが予想されます。また、超高齢社会に限らず小児から高齢者まで入院期間の短縮により、自宅で受ける医療・看護・ケアの多様性と重要度が増しています。この様な現状から、読者対象となる施設の経営者・管理者・病院の退院支援に向けた内容を中心にしつつも、個人のケアレベルアップにもつながる情報を提供していきます。

引用:へるす出版

発売日や購読料

  • 出版社:へるす出版
  • 発売日:毎月20日
  • 価格:2,268円(税込)
  • 年間購読料:25,920円(税込)

電子書籍(デジタル版)

在宅新療の電子書籍はありませんので、冊子での購入のみとなります。

9. 医療と介護Next

雑誌の特徴

超高齢社会を迎えて大きく変貌しようとしているこれからの医療と介護のあり方を追求する専門誌です。2025年に向けて厚労省が推し進める地域包括ケアシステムの主要な担い手である、在宅医療や在宅介護、地域密着型サービス、自治体、高齢者の住まいの動向を追いかけ、解説します。

引用:メディカ出版

発売日や購読料

  • 出版社:メディカ出版
  • 発売日:奇数月16日
  • 価格:1,728円(税込)
  • 年間購読料:12,570円(通常号12冊+増刊号2冊)

電子書籍(デジタル版)

医療と介護Nextの電子書籍はありませんので、冊子での購入のみとなります。

10. 訪問看護のおすすめ雑誌まとめ

今回は、訪問看護におすすめの雑誌8冊をご紹介してきました。

  • 訪問看護と介護
  • コミュニティケア
  • 難病と在宅ケア
  • 精神科訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 地域ケアリング
  • 在宅新療
  • 医療と介護Next

ぜひ、最新の訪問看護や地域医療の情報を手に入れるために役立ててください。