経営理念

地域に根ざし、お客様に愛され、会社と社員の物心両面の幸せを実現する。地域に決して欠かせない訪問看護ステーション。

 

ステーション理念

  • 利用者様に安全を、ご家族に安心を、スタッフの成長を全力サポートする訪問看護ステーション

 

ビジョン

  • 存在価値:緑区の地域連携の架け橋となる
  • 地域連携:情報連携力No.1(適切な手段・内容・量と質)
  • 業務の標準化:いつでも、どこでも、誰にでも を徹底する

 

つなげるスタッフのあり方

  • 私達は、常に利用者様に寄り添います。常に挑戦と改善を志します。チームワークとチームプレーを徹底します。

 

つなげるスタッフの行動規範

  • 姿勢:笑顔と感謝を表現できる
  • 業務:報連相を徹底できる(報連相の徹底こそ組織力)
  • リーダーシップ利用者様に関して、常に情報の発信源である。

 

“つなげる”訪問看護に込められた私たちの理念

「つなげる訪問看護リハビリステーション」

この名前を見たときに、変わった名前だな、変な名前だなと思われたかもしれません。

しかし、“つなげる”という言葉には、私たちの訪問看護やリハビリテーションに対する理念が込められています。

その理念は、私たちの軸となり、困難なことに立ち向かう時の力になっています。

その理念は次のような3つの柱があります。

・ご利用者様、ご家族様の「思い」をつなげる
・ご利用者様、ご家族様の「喜び」をつなげる
・ご利用者様、ご家族様と「地域」をつなげる

こうした理念を大切にして、ご利用者様、ご家族様に必要なことは何か、そして私たちには何ができるのかを常に考えています。

ご利用者様、ご家族様の「思い」をつなげる

私たちは、ご利用者様、ご家族様の「思い」を理解し、応えることができる「人」でありたいと考えています。

もちろん、医療に携わるプロとして、看護やリハビリテーション技術の向上にも努めています。

近年は、医療依存度の高いご利用者様が増えました。また、高齢者だけではなく、以前は病院での医療が中心であった小児疾患や難病をかかえた方が、在宅や地域で生活されることも増えています。

こうしたことからも、知識や技術の向上に対して努力を惜しみません。

しかし、私たちに求められていることは、このような目に見える技術だけではなく、患者様、ご利用者様の「思い」に寄り添い、その期待に応えることだと考えます。

ご利用者様、ご家族様はどのような思いで過ごされているのか、どのような悩みや苦しみを抱えているのか、そして、どのような生活を望まれているのか、こうし表面的には現れない心の中の「思い」に応えることが私たちの役割です。

そして、その「思い」を実現させることや、解消することによって、一人一人のご利用者様やご家族様らしい人生へとつなげる看護、リハビリテーションを提供することを目指しています。

ご利用者様、ご家族様の「喜び」をつなげる

日本の医療は転換期を迎えました。病院の役割が分担されたことによって、在院日数が減少し、早期退院が当たり前となったからです。

これは、日本の医療や保健制度を維持するためには、必要なことかもしれません。しかし、現実に目を向ければ、入院できないことや早期退院によって、不安を抱えたまま退院後の在宅生活を過ごされている方がいらっしゃいます。

住みなれた地域や安らぎの場である自宅で過ごすことは、本来は「喜び」であるはずです。しかし、そうした喜びよりも「不安」を抱え、そして悩みながら生活している方が数多くいらっしゃるのです。

これは、ご利用者様ご本人だけではなく、ご家族様や地域にお住いの方すべてに当てはまります。

「病気や怪我をしても入院できない。そんな状態で、退院だと言われたらどうすればいいんだろう…」

このように、今は健康な方であっても、今後の生活や人生に不安を抱えている方が多いのです。

それは、在宅では満足な医療や看護が受けられないという認識があるからです。在宅医療や訪問看護の基盤が整っていないことや認知度の低いことなどが原因です。

この問題を解消するためには、私たちが在宅医療の基盤を整え、安心した生活を送ることができるという「安心」を提供することが重要です。

つまり、安心を提供することで、住みなれた地域、そして自宅で生活することに「喜び」を感じていただけると考えています。

病院から在宅へ生活の場が変わっても、安心と喜びをつなげるのが私たちの役割です。

ご利用者様、ご家族様と「地域」をつなげる

在宅医療を支えるためには、大きなパワーが必要です。一人のスーパードクターがいても、それだけでは在宅医療は成り立ちません。在宅医療に関わる医師、看護師、リハビリ、ケアマネージャー、介護士、薬剤師など、多くの「人」の力が必要です。1人の医師、1つの訪問看護ステーションの力だけでは足りないのです。

つまり、「地域」が1つにつながり、「地域」単位で支え合うことが必要だと考えています。

例えば、病院に入院すると、病棟の中心にはナースステーション(詰所)があります。ここが拠点となり、医師や看護師などが病室へ向かいます。これは、病院という限定された空間があるからできることです。

病院という一つの単位の中だから、連携を取ることも、緊急の対応や応援を呼ぶこともできます。

しかし、在宅医療においては同じようには行きません。病院のような限定された空間ではなく、在宅医療に関わる人々が、地域に点在しているからです。

このままでは、まとまりがなく、支え合い協力し合うことは不可能です。

そこで、重要になるのが私たちのような訪問看護ステーションだと考えています。つまり、地域の専門職をつなぐのが私たちの役割です。

病院の中ではナースステーションが拠点となっているように、地域においては、訪問看護ステーションが在宅医療の拠点となることを目指しています。

「人と人」をつなぎ、「安心」を提供する

最後に、もっとも大切にしていることがあります。それは私たちが提供しているものは、「人と人とのつながり」だということです。

なぜなら、「安心」は人と人とのつながりによって生まれるものだと考えるからです。

私たちは、訪問看護やリハビリテーションを提供することによって、ご利用者様やご家族様とつながり、そして地域の人々へつながり、日本に暮らす誰もが安心できる社会につながることを目指しています。

訪問看護ステーション採用情報

求人案内
先輩スタッフの声
スタッフ紹介