2018年、ありがとうございました

名古屋市緑区 つなげる訪問看護リハビリステーションの田口です。

2018年の営業日も無事に今日が最終日となり、ステーションメンバーで打ち上げと忘年会を開催しました。

(忘年会の様子は、あまりに食事と会話に興じてしまい撮り忘れてしまい…苦笑)

この一年、弊社つなげる訪問看護リハビリテーションにとっては、今さらですが大きな基礎づくりの一年であったと感じています。

社内・社外を問わず、出来うるかぎりの情報共有、万一の時に代わりのきく訪問体制の整備、

訪問看護ステーションとしてのリハ体制や、電子カルテの機能をうまく活用出来る報告・連絡の手法の確立など、

創業時に手がつけ切れなかった項目が、ほぼルール化、共通化出来たと思います。

大きな変化を経て、各メンバーが本当にチャレンジしてくれた2018年でありました。

それぞれの持ち場で、「成長」を実感できた一年になったのではないかと推察します。

何より、「つなげる訪問看護」理念を再構築出来たことが、ステーションにとっても社員の皆さんにとっても今後、本当に大きな意味を持つのではないでしょうか?

来たる2019年も、まだまだ改善点は存在しています。

「あるべき訪問看護ステーション」の理想型を掲げ、

そこから決して目を背けることなく2019年もチャレンジしていく所存です。

2018年、関係の皆様には本当にお世話になりました。改めて御礼申し上げます。

関係者の皆様、今後共「つなげる訪問看護リハビリステーション」を

どうぞよろしく申し上げます。