緩和ケア拠点病院以外にできること

およそ4割のがん患者さんは、がん専門の拠点病院以外で治療を受けています。

しかし、緩和ケア専門のチームがなかったり、体制が不十分という現実があります。

こうした問題に対して、次のような方向性が示されています。

・拠点病院以外の病院における緩和ケアの実態調査
・患者のニーズの把握
・緩和ケア提供体制を充実させる
・拠点病院以外の病院でもできる緩和ケアを検討
・地域を巻き込んだ緩和ケア体制を検討ここでのポイントは、実態調査とニーズの調査だと思います。

緩和ケア病棟が増えているにもかかわらず、人員不足などによって、十分な緩和ケアが提供できていないという現実を考えるとよくわかるのですが、こうしたミスは、実態やニーズを把握していないから起こるものです。

つまり、実態に即した必要なものを提供したり、ニーズを満たすものを準備すれば、こうした問題を減らすことができるということです。

訪問看護においても、人員不足は大きな問題となっていますが、具体的には、どこにどれだけの看護師が、いつまでに必要なのかを明確にする必要があります。

例えば、訪問看護師の総数が増えたとしても、ニーズが足りている所に増えても意味がありません。足りない所に回すべきなのです。

それを把握するためには、より詳しい調査が必要です。

これは、一つの訪問看護ステーションにおいても同じです。いつまでに、何人の看護師が必要なのか、それは何故なのかを明確にしないと、求人もうまく行かなくなってしまう可能性があります。

問題を解決するためには、その問題を具体的にするということが言えると思います。