緩和ケアとは

まず、緩和ケアとはどのように定義されているのか確認してみます。

厚生労働省によると、次のように言われています。

緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげること
引用:厚生労働省

ご存知のように、「緩和ケア」という言葉は、癌患者さんに対する援助をさしています。そのため「痛み」に対するケアを中心として考えられていることがわかります。

この「痛み」には、癌による苦痛、転移による痛み、治療による副作用など、身体的な痛みだけではなく、死が迫る恐怖などの精神的な痛みも含まれていることが重要だと思います。

厚生労働省の定義は、とてもシンプルなものですが、WHOは次のように定義しています。

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関して、きちんとした評価を行い、それが障害とならないように予防したり、対処することで、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を改善するためのアプローチである。
引用:WHO

これまで看取りについての記事の中で、コミュニケーションの重要性はなんども繰り返しお伝えしてきました。

やはり「死」と向きあうときには、精神的な援助や支援も欠かすことができないことがよくわかります。

では、次回は、緩和ケアの実際はどのようになっているのか確認していきましょう。