看取りを後悔しないために、看護師が家族にできること

看取りをしている家族は、いつ死が来るのかと、毎日不安に感じています。毎日体調も変化して、一層不安も強まります。

そのままでは、看取った後に、もっとやれることがあったんじゃないかなど、後悔の原因となることも考えらえます。

看護師は、そうした不安を受け止めて、家族に役割を提供します。つまり、看取りの具体的な方法を伝えるということです。

家族が看取りに参加できたという事実は、看取りの選択を後悔しないためにも重要です。いい看取りができたという、加増の満足度も大切だということです。

ただ、家族の介護だけでは力が足りないこともあります。

そんな時には、その他のサービスの調整も必要となるので、介護力を見極めることも看護師の役割です。