死と向き合うという葛藤を支える

臨死期における看護師の役割の一つ目は、看取り方を教えるというものがあります。

以前にもお伝えしているように、看取りを覚悟した本人や家族でも、もしかしたらよくなるんじゃないか。本当にこれでいいのかというふうに、気持ちが揺れ動いています。

しかし、この気持ちとは裏腹に、死は少しずつ近づいていくため、その状況も変わっていきます。

例えば、呼吸状態や意識レベルの変化などです。

こうした経過を、看護師は経験したことがありますが、ほとんどの家族は経験がありません。そこで、その状態に合わせた介護方法を改めて伝えることが大切です。

また、こうした可能性や経過についても説明することで、介助者も最後に備えることができるのです。

改めて、看護師の重要性がわかります。