看取りと看護師の役割「臨死期」

臨死期とは、

いよいよ死が近づいてきた時期をいい、臨終の10日から1週間前
引用:引用:「在宅ホスピスケアにおける家族支援の構造」

このように考えて話を進めていきます。

まず、臨死期の看護師の役割には、次の4つがあります。

①看取り方を教える
②家族一人一人の思いと関係性を調整する
③看取る力を支える
④看取りと亡くなってからの家族の生活を考える
引用:引用:「在宅ホスピスケアにおける家族支援の構造」

次回から、詳しい内容をお伝えしていきます。