看護師だからできる看取りの役割

看取りを選択される方には、様々な疾患の方がいます。そして、それぞれの考え方も違います。

つまり、看取りの内容は、1人ずつ異なるということです。

特に、症状の進行(予後)、症状の緩和、痛みの緩和などの医療的な問題に関しては、医師や看護師の役割が重要です。

そして、これらに基づいて、どんな介護が必要になるのか、家族は何をすればいいのか、その他のスタッフはどんな支援をすればいいのかがわかってきます。

つまり、看護師は看取りの中心になるのです。

例えば施設に入所されている方の看取りを行うとします。病院と違い、施設には夜勤の看護師が十分に配置されていないことが多いため、夜間は介護職員の対応が中心となります。

そこで生じる不安は、もし看護師がいない夜勤帯で、症状が悪化したり、急変があったらどうしようという不安です。看取りといっても、ただ傍観しているだけではないからです。

また、死と向き合うことに関しても、看護師の方が経験がある場合の方が多くなります。そこに一人看護師がいるだけで、他のスタッフは安心できます。それほど、必要とされているということが言えるのです。

病状や急変時の対応など、医療的な面ではやはり看護師の役割が重要になります。