セルフネグレクトの原因とは

今回のテーマは、「セルフネグレクトの実態」から、原因を考えてみます。
 
2017年2月に、NHKでセルフネグレクトの特集が組まれました。
 
なぜ普通の人が?”セルフ・ネグレクト”

このタイトルにも、とても違和感を感じてしまいますが、視聴者に関心を持たせるためのタイトルだという事にしておきます。。
 
今問題となっている「孤独死」や、テレビでもよく特集されているような「ゴミ屋敷」も、実はセルフネグレクトが原因だと言います。
 
そして、こうした人たちは、ごく普通の生活をしていた人たちだと伝えています。
 
しかし、何かのきっかけによって、生活状況が悪化してしまいます。
 
たとえば、
 
・高齢による身体機能の低下
・病気や仕事を辞める
・ショックな出来事(配偶者や家族の死)
 
が原因となるとされます。
 
これは、「うつ病」になる原因と似ていますよね。
 
セルフネグレクトは、医療や介護が必要となっても、それを拒否することだと定義されていますが、拒否する理由には、こうした精神的な悩みや問題を抱えているからではないでしょうか。
 
もしそうだとすれば、うつ病の方に「がんばれ」と声をかけることは良くないとされるのと同じように、セルフネグレクトと言われる方に、「生活を改善しろ」というのもよくないのかもしれません。
 
なぜうつ病の方にがんばれと言っては良くないのかというと、すでに頑張っているからだと言われます。同じように、セルフネグレクトと言われる方も、今まで頑張ってきたのかもしれません。
 
そこに、医療や介護などの介入をするということは、もっと頑張って治せ、改善しろということになります。
 
こうしたところに、「拒否」の原因があるのかもしれません。
 
そうしたことを踏まえて、もう少し具体例をお伝えしていきます。