在宅における褥瘡と栄養の関係とは

褥瘡ができると、治癒に難渋することはよくあります。
 
疾患や運動能力、介護力などの問題もありますが、忘れてはならないのが栄養状態です。
 
褥瘡と栄養に関するエビデンスには次のようなものがあります。

経腸栄養剤を用いた栄養サポートは褥瘡発症予防に有用である(レベルI)
引用:在宅医療に関するエビデンス:系統的レビュー

特に、高齢者はもともと栄養状態の悪い方が数多くいらっしゃいます。
 
日々の訪問の際に、食事の内容や量を確認するだけではなく、血液データーや環境に合わせた方法で、褥瘡を予防していくことが大切になります。
 
また、経口摂取が困難な場合にも、経腸栄養による褥瘡予防が可能だという結果がでているように、これからも全身状態をチェックしながら、褥瘡ケアには力をいれていく必要があります。