訪問看護とエビデンス

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護ステーションより
 
医療にもエビデンスが重要視される時代になりました。
 
エビデンスとは、

一般には、医学および保健医療の分野では、ある治療法がある病気・怪我・症状に対して、効果があることを示す証拠や検証結果・臨床結果を指す。
引用:Wikipedia

このようなものです。つまり、根拠のある治療を行いましょうということです。
 
さらに、

エビデンスは、医療行為において治療法を選択する際「確率的な情報」として、少しでも多くの患者にとって安全で効果のある治療方法を選ぶ際に指針として利用される。
引用:Wikipedia

このようにも言われています。
 
つまり、エビデンスに基づく医療は、安心、安全のために必須だということですね。考えてみれば当たり前かもしれませんが、科学の進歩によって、これまでわからなかったことがわかるようになったからこそ、効果や安全性が証明されている治療が求められているんだと思います。
 
もちろん、「経験」というのも必要です。エビデンスとして確立され、客観的なデータで証明された治療をしなくてはなりませんが、「主観的」な要素も全く無しにすることはできませんよね。
 
経験から判断したことが、患者様に有益となることは日々経験していると思います。
 
ただ、「安心・安全」という観点で言えば、まずはエビデンスに基づいている治療を提供することになりますよね。
 
特に、関わるようになって日が浅い患者様や、治療や看護に対して不安を感じている患者様にとっては、客観的に証明されているデータというものは、一番信頼できるものだと思います。
 
つまり、患者様やご利用者様との信頼関係を構築する上でも、エビデンスの知識を持っている必要があると言えるのではないでしょうか。
 
では、訪問看護や地域医療のエビデンスはどうなっているのか、次回から詳しくお伝えしていこうと思います。