高齢者や家族の負担を軽減|在宅医療の役割

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護ステーションより

 
最近は、看護師や医師だけではなく、社会福祉士がご利用者さまのご自宅に同行することが見られるようになりました。

 
社会福祉士とは、

 
専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うことを業とする者
引用:社会福祉士及び介護福祉法
 
このように定義されている、国家資格です。
 
在宅医療や訪問看護をしていると、ケアマネージャーという職種にはなじみがあると思います。ケアマネージャーとは正式名称は介護支援専門員といいます。つまり、介護保険制度に関する専門職です。
 
一方で、社会福祉士とは障害者福祉、高齢者福祉、生活保護、障害者就労支援などの分野にも精通しています。
 
何度かお伝えしていますが、在宅医療や訪問看護は、介護保険だけでなく医療保険を利用されている方もいらっしゃいます。
 
介護保険を利用されている方は、ケアマネージャーに様々な相談をすることが出来ます。しかし、医療保険を利用している場合、基本的に担当のケアマネージャーはついていないため、安心できる身近な相談先が無い事があります。
 
そうした場合に、社会福祉士が相談に乗ることが出来れば、高齢者さまやご家族さまが日々抱えている悩みを相談し、解決策を見つけることができます。
 
在宅医療には社会福祉士の役割も重要になりますね。在宅医療を行っているクリニックでは、社会福祉士が常駐しているところも出てきているようです。
 
今後もこうした取り組みが増えてきそうですね。