増加する在宅医療支援センター

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護ステーションより
 
在宅医療は、地域だけの問題ではありません。入院していた方が地域、自宅に帰られることも考えれば、病院の中のことだけを考えて、その場の治療に専念すればいいという時代ではなくなってきています。
 
病院に入院したり、受診したことをきっかけに、すでに在宅医療はスタートしているのです。その証拠に、最近は病院のなかに、在宅支援センターといった部署が設立されることが増えました。
 
インターネットでざっと調べて見ても、
 
・熊本大学医学部附属病院
・国立成育医療研究センター
・九州大学病院
・三重大学病院
・大同病院
・東大寺福祉療育病院
 
などなど、たくさんの病院に、在宅医療支援を行う部署ができています。もはや、病院と地域を切り分けるような時代ではないのですね。
 
ぜひ一度、在宅医療支援を積極的に行なっている病院をチェックして見てくださいね。
 
それでは本日も最後までご覧いただきまして本当にありがとうございました。