訪問看護とがん治療の関係

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護ステーションより

訪問看護師の役割は、がん治療を受けながら在宅生活をする方の支援もあります。最近は、外来でのがん治療が増えたからです。

その結果、、在宅で過ごしながら治療を受けられるようになったことで、在宅で過ごす時間だけでなく、家族やプライベートな時間を確保することができるようになりました。

しかし、課題もあります。がん治療といえば、副作用に苦しむ方も多くいらっしゃいます。外来でがん治療を受けている方は、こうした副作用が自宅にいる時に起きてしまいます。

そうした方の支援には、やはり看護師の力が重要になってきます。専門的な医療に関することは、家族や他の職種よりも、看護師の専門分野だからです。

このように、医療のあり方についても変化しています。国が在宅医療を推進しているということもありますが、医療の進歩に合わせて、在宅医療や訪問看護師の役割もどんどん変化しています。

つまり、患者さまやご利用者さまのニーズが変化しているということだと思います。今までは、病院での医療が当たり前でしたが、現在は病院の中だけを見ていては足りないとも言えます。

その患者さまが、どんな場所で生活しているのか?どんな環境で生活しているのか?家族は?仕事は?治療は進んでいるけど、日常生活で困っていることはないのか?

こうしたその方の生活や人生レベルで医療を提供することが求められる時代だと思います。

そうしたニーズにしっかり答えられるように、これからも患者さま、ご利用者さまに寄り添った看護を提供していこうと思います。

それでは本日も最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございました。