透析で時間に縛られないために訪問看護ができること

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護リハビリステーションより

服薬管理は、在宅医療において重要になってきます。病院では、毎回の服薬を看護師が管理することはできますが、在宅においては困難です。

しかし、在宅生活をされている方には、認知症で薬の管理ができない方や、脳梗塞で手が思い通りに動かない方、嚥下に問題がある方など、服薬管理が必要となる方がたくさんいらっしゃいます。

ただ、やはり毎回看護師が介入するのは難しいのが現実です。

そうした中で、薬剤師が自宅に訪問することも見られるようになりました。つまり、薬の専門家である薬剤師が自宅に訪問し、服薬支援をするというものです。

最近は、院外処方となり、病院ごとに別の薬局から薬を受け取ることもあります。お薬手帳というもので、重複しないように管理していますが、薬局や病院同士が連携できていなければ、ミスも起こります。

そう考えると、決まった薬剤師が直接自宅を訪問して、服薬管理から薬の確認まで行うことは今後ますます必要になりそうです。

在宅医療には、こうした薬剤師も関わっています。一つ一つの専門職が一つのチームになるのが在宅医療です。そして、それぞれの専門性を生かすことができるのも在宅医療です。

看護師としての知識や技術をもっと活かして、やりがいを感じながら仕事をしたいという方は、訪問看護でその希望を叶える可能性があります。

やりがいを感じた仕事をしたい方はこちら