5歳の看護師が誕生?!

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護ステーション

幼稚園児の看護師さんが誕生しました!

可愛くて見ているだけで元気になりそうです^ ^

当たり前ですが、本当に看護師さんになったわけじゃなく、幼稚園児の看護師体験が行われたということです。

幼稚園児の可愛い看護師さんはこちら

5月12日は何の日だったか知っていますか??

実は「看護の日」なんです。

1990年に旧厚生労働省によって制定された日です。なぜ5月12日なのかといえば、あのナイチンゲールの誕生日だからそうです。

看護の日の目的としては、次のようにされています。

21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により、「看護の日」が1990年に制定されました。市民・有識者による「看護の日の制定を願う会」の運動が、きっかけでした。
引用:日本看護協会

遺伝子治療、重粒子線治療、臓器移植、ロボット手術など様々な最新治療が登場していますが、やはり、日本においては高齢者社会を支えるという役割が看護師には求められているんですね。

今回のような取り組みも、これからの地域医療にとって大切になりそうですね。

それでは本日も最後までご覧頂きまして、本当にありがとうございました。