就労、職業に関わる作業療法士-職業リハビリテーションとは-

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護ステーションより

先日は、ADLやIADLについてお伝えしました。

病気や障害だけをみるのではなく、1人の人として診る、接することが重要だとも言えます。

もっと、その方の生活や人生についても理解する必要があります。そうすることが、在宅医療や訪問看護、リハビリの役割だと思います。

在宅医療について、

「病院に入院できなくなったから在宅で対応しなくてはならない」

こうした認識がありますが、これは本来の役割ではありません。現実問題として、こうしたことへの対応も急務です。

でも、本来は、1人1人どんな方でも在宅や地域で過ごすための支援が私たちの役割です。

そうしたことを考えると、就労や職業について忘れてはいけません。

病気や怪我で今までの仕事ができなくなった方もいます。仕事に就くことができない方もいます。

こうした方への支援も地域医療の役割です。

それが

「職業リハビリテーション」

です。

以前にもお伝えしましたが、作業療法士の役割として就労や職業に関する支援というものがあります。

もちろん、これは作業療法士だけの役割ではありませんが、チーム医療において、作業療法士の役割が重要だということです。

実際に、身体障害者福祉センターや職業訓練施設で働く作業療法士がいます。そして、これからますます必要とされることが予測されます。

次回は、職業リハビリテーションについて、もう少し掘り下げてみようと思います。

それでは本日も最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございました。