精神科疾患の方が安心して相談できる場所まとめ

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護ステーションより

今までもお伝えしてきていますが、在宅医療を支えるためには、訪問看護だけではなく、地域が一つになることが重要です。

ただ、具体的にどういったところに相談すればいいのかわからないことがあると思います。これも、在宅医療や訪問看護の認知度、福祉制度が整っていないことが原因だと思います。

さらに、さまざまな職種や業種、行政機関が関わっているため、地域医療が複雑な仕組みになっています。正直にお伝えすると、現場で働く私たちも全てを把握している訳ではありませんし、十分な連携がはかれているとは言えません。

そこで、改めて調べてみました。特に、精神科疾患の場合には、医療保険が使われたり、精神保健福祉手帳や自立支援医療制度など、介護保険制度と異なる部分があります。

これらの言葉を聞いただけでも、混乱してしまったり、どうしたらいいのか迷ってしまいそうですよね。

そんな時には、次のようなところへ相談することができます。

・精神科病院やクリニック
・保健所
・地域包括新センター(いきいき支援センター)
・障害者基幹相談支援センター

まずは、普段受診している病院で相談してみましょう。在宅での生活まで視野に入れ治療や診療を行なっているところでは、適切なアドバイスや支援をしています。

ただ、在宅で生活をしていく場合には、具体的な支援をしてくれる地域の専門家の力が必要になります。そうした場合には、その他の機関へ相談してみましょう。

名古屋の場合には、具体的な連絡先などが名古屋市のホームページに紹介されています。

詳細のページはこちらに紹介しておきますので、参考にしてください。

・名古屋市の保健所はこちら
・名古屋市の地域包括新センター(いきいき支援センター)はこちら
・名古屋市の障害者基幹相談支援センターはこちら

なにかわからないことがあると、いったいどうしたらいいんだろうと迷ったり不安になってしまいます。1人で悩まれていると本当に苦しくなりますよね。そんな時は、一度今回ご紹介したようなところへ相談してみましょう。

電話をするだけでも、勇気がいることだと思います。でも、電話の先にはそれぞれの専門家がいます。ぜひ一度電話をしてみてくださいね。

それでは本日も最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございました。