訪問看護は”チーム”で在宅医療に携わっています

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護ステーションより

一人で完璧にこなす必要はありません。

むしろ、一人で抱え込んでしまうとミスが起きたり、クレームが出てしまいます。

前回お伝えしたように、訪問看護が難しいと言われる理由には、次の2つが考えられます。

①一人で完璧にこなさなくてはいけない環境
②コミュニケーション能力が必要な環境

今回は、特に①についての不安を解消したいと思います。

これは、今から訪問看護へ転職しようとしている方にとっても、転職先を探すためのヒントにもなると思います。

まず、大切なこととして、訪問看護は個人プレーではないと言うことです。確かに、実際に訪問する時には看護師一人で伺います。しかし、その一人の看護師を支えるチームがあるんです。

例えば、訪問看護ステーションに就職した後に、いきなり一人で訪問することはまずありません。どこのステーションでも、はじめは「同行訪問」があります。つまり、先輩看護師と一緒に訪問しながら学ぶことができると言うことです。

ただ、その後一人になったら不安だと思います。でも安心してください。多くの訪問看護ステーションでは、一人ずつ携帯電話が支給されています。そのため、いつでもすぐに連絡を取り合うことができます。

携帯電話を使えば、離れた場所からでも情報を共有しながら適切な対応ができます。必要であれば、応援を読んだり、救急要請を行うこともできます。

さらに、医師との連携もあります。訪問看護を提供するためには、医師の指示が必要です。多くの場合は、かかりつけの主治医から指示が出ています。そのため、病態や体調の変化を主治医に伝えたり、指示を仰ぐことができます。

また、最近は在宅医療を中心に行なっている医師も増えているため、往診・訪問診療の依頼をすることも可能です。

さらに、地域には在宅支援診療所・病院があります。これは、24時間連絡を受け付けることや往診が可能な医療機関です。こうした所との連携により、在宅医療は行われています。

その他にも、ケアマネージャーや介護士、薬剤師など、ご利用者さまを支える地域が包括的に支える仕組み(地域包括ケアシステム)があります。

つまり、訪問看護は一人で行うものではなく、さらに所属するステーション内だけの仕事でもなく、地域がチームとなって取り組むものなのです。

そうした仕組みがあることを知っていただければ、訪問看護は一人で完璧にこなさなくてはならないものではないことがわかっていただけるのではないでしょうか。

そして、これから訪問看護で働きたいと考えている看護師さんは、そうした仕組みができている訪問看護ステーションを選ぶことが大切だと言えます。

訪問看護は一人でなんでも完璧にこなさなくてはいけないから難しいと感じていた方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

そして、訪問看護についてますます関心を持っていただければ嬉しく思います。

それでは本日も最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございました。

次回は、もう一つの訪問看護を難しくしている理由である「コミュニケーション能力が必要な環境」という問題を解消したいと思います。