今までの看護師経験(あなた)×地域=訪問看護

From:名古屋市緑区 つなげる訪問看護リハビリステーションより

「あなた×地域=訪問看護」

そんなお話をしたいと思います。

前回の記事では、
当訪問看護ステーションの近くにある
伝統工芸品を扱うお店のお話をしました。

伝統工芸はすばらしいものですが、
どこを見ても後継者がいなかったり、
時代に必要とされなくなってしまい、
姿を消してしまうことが多くなりました。

そんな中、有松の伝統工芸である絞りを

「ITを使う」

ことで、時代に合わせながらも、
その伝統工芸の魅力を残しつつ、
全国、世界へと繋がりを持つことにで、
その価値を引き出しているお店があります。

実際にそこでは多くの若者が、
パソコンも駆使しながら生き生きと働いています。

なぜ、姿を消していく伝統工芸の中で、
この有松絞りのお店は生き生きとしているのか?

それは、今まで持っていた有松絞りの伝統技術と
ITを掛け合わせているからだと思います。

ここで大切なことは、

「掛け算」

だということです。

足し算ではありません。

「足す」というのは
「足らないものを増やす」ということです。

でも掛け算は違います。

そこにあるものと、
どこか別にあるものを組み合わせることです。

足りないものを補うのではなく、
良いものを組み合わせて掛け合わせるんです。

掛け算をすれば、足し算をするよりも、
一気にジャンプできるんです。

今回ご紹介した例であれば、
パソコンを掛け合わせたことで、
有松という小さな地域から、
日本中、世界中に一気にジャンプすることができました。

ただ、この掛け算の法則には
デメリットもあります。

それは、

「ゼロに何をかけてもゼロ」

だということです。

0×1=0
0×100,000=0
0×1000000000000000000=0

つまり、どれほど優れたものを掛け合わせても
元になるものに価値がなければ
ゼロはゼロのままなんです。

今回の例なら
元になるものは「有松絞り」です。

もし、この有松絞りに全くの価値がなかったら?

いくらIT技術を掛け合わせたところで
いつのまにか誰にも知られずに消えていったかもしれません。

でも、この伝統工芸に価値があったからこそ
パソコンやインターネットを組み合わせることで
その活躍の場を大きく広げたんだと思います。

あなたはどうでしょうか。

訪問看護に興味はあるけど
病院と全く違うから足りないことがたくさんあって
不安で1歩踏み出せないということはないでしょうか。

でも安心してください。

訪問看護は足し算ではなくて掛け算です。

つまり、今までの看護師としての経験と
地域という場を掛け合わせて組み合わせたのが
訪問看護です。

「あなた×地域=訪問看護」

だと思います。

あなた=0ではないですよね?

今までの病棟看護での経験があります。

看護師としての実績があります。

大変な勤務をこなしてきた実力があります。

それらを地域で発揮することができれば
訪問看護で働くことはできます。

あなた×地域=訪問看護

そう考えただけで、
どんな訪問看護ができるのか
ワクワクしてきませんか??

もし、そんな体験をして見たい方は、
ぜひ当訪問看護ステーションで
リアルな現場を見学したり体験してみてください。

今回お伝えしてきた意味が
実感できると思います。

ワクワクする訪問看護を体験:
http://www.tsuna-care.co.jp/contact/index.html

それでは本日も最後までご覧いただきまして
本当にありがとうございました。

【つなげる訪問看護リハビリステーション】
http://www.tsuna-care.co.jp