訪問看護のプロ!認定看護師の登場!

名古屋市緑区 つなげる訪問看護リハビリステーションより

「熟練した看護技術と知識」

これを持った看護師のことを、
認定看護師と言います。

認定看護師になるには、

・実務経験が5年以上
・認定看護師になるための6ヶ月間の勉強
・認定試験に合格

これが必要になります。

看護師として現場に出てから、
もう一度、認定看護師になるための学校で学ぶんです。

なぜこういった制度があるのでしょうか?

認定看護師の役割

認定看護師の役割には、

・水準の高い看護を提供する
・看護師に指導を行う
・看護師の相談役

この3つがあります。

そして、認定看護師には、
21の分野に分かれています。

例えば、

・救急看護
・皮膚・排泄ケア
・がん化学療法看護
・不妊症看護
・小児救急看護
・脳卒中リハビリテーション看護

などに分かれています。

つまり、これらの各分野のプロが認定看護師で、
水準の高い看護を提供し続けることや、
そういった看護師を育てていく役割があるんです。

もちろん、
訪問看護の認定看護師もあります。

訪問看護の認定看護師

その中の一人の看護師さんが、
インタビューに答えていました。

一番印象的なことは、

「死を看取ることを悲しむよりも、
 素敵なお別れにしたい」

ということでした。

それ見て、訪問看護の役割の再確認と、
今まで私たちが取り組んできたことや
これから目指すべきことも間違っていないなと自身が持てました。

次回はもう少しこの話をしたいと思います。

病院の看護も訪問看護も
場所が違うだけでできることは大きく変わらないと思います。

ただ「死」に対する考え方は、
病院での医療と在宅医療では
大きく異なっているのかもしれません。

ご利用者さま(患者さま)の
最後までを考えた看護とは、、、

つづく。

 

◆訪問看護師の求人詳細

>>こちらの求人要項をご確認ください。

◆お問い合わせ先

◆つなげる訪問看護リハビリステーションへのアクセス

愛知県名古屋市緑区有松3131番地