訪問看護は医療保険で行うの?それとも介護保険?

名古屋市緑区 つなげる訪問看護リハビリステーションより

「訪問看護って介護保険を使うんでしょ?」

そう思われている方が多いかもしれません。

そのため、訪問看護の対象となる方は、高齢者だけだと思われていないでしょうか?

もしかして、そういった認識のせいで、訪問看護で働くことを敬遠している看護師さんもいるかもしれません。

でも実は、訪問看護も病棟看護と同じように、小児から高齢者までが対象となっているんです。

訪問看護は介護保険と医療保険どちらも対応

どういうことかというと、訪問看護を利用するには、介護保険だけでなく、医療保険でも可能だからです。

介護保険を利用される方は、要支援、要介護の認定が必要ですので、基本的には65歳以上の高齢者がご利用になられます。

ただ、特定疾患がある場合には、40歳から64歳であっても、介護認定や介護保険による訪問看護も利用が可能です。

◆介護保険の特定疾患

特定疾患は次のようなものがあります。

1.がん末期
2.関節リウマチ
3.筋萎縮性側索硬化症
4.後縦靱帯骨化症
5.骨折を伴う骨粗鬆症
6.初老期における認知症
7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
8.脊髄小脳変性症
9.脊柱管狭窄症
10.早老症
11.多系統萎縮症
12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13.脳血管疾患
14.閉塞性動脈硬化症
15.慢性閉塞性肺疾患
16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

◆医療保険で訪問看護を利用する方

また、医療保険を利用する場合には、年齢は関係なく、赤ちゃんからお年寄りまで訪問看護の利用が可能です。最近は、小児に力を入れている訪問看護などもよく見られるようになっています。

このように、訪問看護もその対象となる方は、赤ちゃんから高齢者までと幅広くなっているんです。

特定疾患の一覧を見てもわかるように、抱えている疾患も多岐に渡ります。

もし、訪問看護について、違ったイメージを持たれていたことが原因で、訪問看護で働くということが選択肢になかった方は、この機会に、ぜひ身近に訪問看護のことを知ってもらい、その魅力を感じていただきたいと思います!

それでは本日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

 

◆訪問看護師の求人詳細

>>こちらの求人要項をご確認ください。

◆お問い合わせ先

◆つなげる訪問看護リハビリステーションへのアクセス

愛知県名古屋市緑区有松3131番地