訪問看護ステーションとは?医師はいるの?

名古屋市緑区 つなげる訪問看護リハビリステーションより

今日は、

「訪問看護ステーションで医師の診察は受けられるの?」
 
そんな疑問にお答えします。
 
平成24年時点での厚生労働省の資料によると、訪問看護ステーションを運営は次のような割合になっています。
 
医療法人   ・・・36.0%
営利法人   ・・・32.6%
社団・財団法人・・・12.0%
社会福祉法人 ・・・8.1%
 
これを見ると、病院や施設に併設された、訪問看護ステーションが多いことがわかります。
 
ただ、

訪問看護ステーション内での医師の診察というのはありません。

では、医師の診察はないのかと言えばそうではなく、訪問看護を利用するためには、かかりつけ医からの訪問看護指示書というものが必要になります。
 
つまり、

医師の指示のもとで訪問看護を行なっています。

そして、毎月、かかりつけ医との情報交換を行い、連携を図りながら看護を行なっています。
 
病院看護と同じように、点滴や薬の指示から褥瘡の処置など含め、医師からの指示や看護師からの報告をもとに、適切な看護を行えるような連携を図っています。

看護師が訪問した際に変化に気づけば、

医師への連絡や相談から救急要請まで行うことがあります。

最近では、往診をしている医師も増えているので、簡単に病院を受診することができない方も
安心して在宅生活が過ごせるような仕組みもできてきました。
 
やはり、在宅での生活に不安を抱えている患者さんは多くいますが、こういった連携を測ることによって、より生活しやすい環境を作ることも、訪問看護の役割かもしれません。

そういった部分で、訪問看護に魅力ややりがいを感じて、活躍している看護師も多くいます。
 
これから、ますます在宅で看護師が求められる時代です。地域で暮らしている方々だけではなく、より多くの看護師さんにも訪問看護について知ってもらい、興味を持っていただければ嬉しいです!
 
それでは本日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

◆訪問看護師の求人詳細

>>こちらの求人要項をご確認ください。

◆お問い合わせ先

◆つなげる訪問看護リハビリステーションへのアクセス

愛知県名古屋市緑区有松3131番地