「看護師は病院で働くべき」それは本当?

名古屋市緑区 つなげる訪問看護リハビリステーションより

これまでの記事はこちらから

看護師の私はこうして育児と仕事を両立しました!
看護師が育児と仕事を両立するために重要なこととは?

今までのことをまとめると、看護師が育児と仕事を両立するためには、

・環境(人、制度、職場の雰囲気など)が重要
・環境を変えるためには「視点」を変えること

これがポイントということです。

育児と仕事を両立したい、でもそんな環境じゃやない、だからどうしたらいいのか困っている。

そんな時は、ちょっと「視点」を変えてみると、今まで気づかなかったような両立できる環境が見つかるんじゃないかな、という提案です。

「看護師は病院で働くべき?」

看護師は毎日患者さんのために必死です。命に関わる仕事です。看護師を誇りに思っている人が多いと思います。

だから、

「看護師は病院で働くべき」
「病院で働くのが看護師」

こういった思いがあると思います。

実際に、病院や診療所で働く看護師が80%以上です。看護学校を卒業して初めて就職するときには、

「3年間は総合病院でたくさんの経験しなさい」

こういったことを言われた方もいると思います。

私もこれは間違っていないと思います。いろんな患者さんに出会って、知識も技術も身につけることは大切です。

「はじめにどこに就職するのか?」

これは本当に重要です。その初めての就職先が良くも悪くも私たちの「基準」になってしまうからです。

話がそれそうなので、元に戻しますが、ほとんどの看護師は病院で働いているということです。

つまり、いろんなところで言われているような

「看護師が育児と仕事を両立するのは難しい」

という意見は、病院で働く8割の看護師の意見だということです。

だとすると、

「”病院で働きながら”両立するのは難しい」

ということに言い換えられると思います。

はじめにお伝えしたことを覚えていますか?育児と仕事を両立するためには環境が重要。でもみんなその環境が変えられないから困っています。

ただ、それは”病院で働きながら”両立するのが難しいということではないでしょうか。

「看護師は病院で働くもの」

という視点でみると、八方塞がりになってしまうのかもしれません。そこで、ちょっと視点を変えてみると違うことが見えてくるかもしれません。

例えば、

「病院や診療所(クリニック)以外に他の職場はないのか?」
「他の職場で働く看護師は育児と仕事の両立をどうしているんだろう?」

と、疑問を投げかけてみるとどうでしょう。

では、次回は、

「病院や診療所以外の職場ってどんなところがあるの?」

ということを書いてみようと思います。

それでは、本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

◆訪問看護師の求人詳細

>>こちらの求人要項をご確認ください。

◆お問い合わせ先

◆つなげる訪問看護リハビリステーションへのアクセス

愛知県名古屋市緑区有松3131番地