社用車完備!季節や天候に関係なく、快適な職場環境!
名古屋市の訪問看護ステーション

つなげる訪問看護リハビリステーション所長の看護師 山田です。

訪問看護ステーションで働く看護師は、
ほとんどが病院勤務を経験しています。

しかし、今まで何年も病院勤務の経験があったとしても、
訪問看護となると不安な面もあると思います。

例えば、訪問看護というのは、
ご利用者様のご自宅に看護師が直接伺いますが、
移動手段はどうしているのか気になるのではないでしょうか。

これは、主に自転車、原付バイク、車の3つの方法があります。

それぞれメリットやデメリットがありますが、
どれを選択しているかは、
そのステーションの地域性が関係してきます。

住宅密集地や都心などでは、
車での移動は渋滞してしまうため、
自転車やバイクの方が便利です。

しかし、遠くへは移動できないため、
訪問できる範囲が限定されてしまいます。

また、天候や季節による影響も受けます。

真夏に自転車で走り回るのは、
体力的にも苦しくなります。

たまに自転車に乗るくらいは良いですが、
毎日炎天下の中、自転車に乗るのは過酷です。

バイクも同じです。

小回りがきいて、移動は早いかもしれません。

しかし、雨が降ってしまうと
濡れたままご利用者様のお宅に上がることになりますし、
やはり夏は暑く、冬は寒いです。

車は運転できても、原付バイクには
教習所で数分乗ったことがあるだけの方も多いと思います。

そう考えると、
車で移動できる地域にある訪問看護ステーションや、
社用車が完備されているところでは、
季節や天候に左右されず、快適に訪問できるのではないでしょうか。

社用車というのは、
会社が用意している移動用の車のことです。

仕事に使うための車を職場が用意することは
当たり前だと思われるかもしれませんが、
中には、自分の車やバイクを使わなくてはいけないところもあるのです。

訪問看護ステーションに転職を考えている場合には、
社用車かあるのかどうか、
一人1台使うことができるのかどうかもチェックしたいポイントです。

そこで、当訪問看護ステーションがどうなっているのかというと、
社用車完全完備です。

小回りの効く軽自動車を、
全てのスタッフが乗れるように準完備しています。

スタッフの増員があれば、
順次、車を増やしていますので、
自分の車を訪問に利用する必要はありません。

もちろん社用車は全てオートマです。

さらに、全車ナビ付きの車を用意しています。

社用車はあるけど、
ナビがなくて道に迷うなんてこともありません。

そんな私たちのステーションは、
「つなげる訪問看護ステーション」と言います。

少しでも興味を持たれましたら、
こちらでも詳しくお伝えしています。

【つなげる訪問看護リハビリステーション】

もっと詳しく知りたいという方は、
電話やメールでご連絡いただくか、
直接ステーションの方までお越しいただきましたら、
丁寧に対応させていただきます。

その他、どんな些細なことでも、
訪問看護ステーションで働くことに対する
不安や心配ごとがあればお気軽にご連絡くださいね。

【お電話でのお問い合わせ 052-624-8666】

【メールでのお問い合わせ】

今日も最後までお読みいただき
本当にありがとうございました。