2年を振り返って・・・

つなげる訪問看護リハビリステーション 訪問看護リハビリステーション 代表の田口です。

怒涛の(笑)10月レセプト請求が終わり、平穏を取り戻してまいりました。

10月を締め、当ステーションの設立から丸2年がたったことになります。
本当に、早いものですね。

立ち上げ当初、ケアマネージャー様にご挨拶に行った際に

「また訪看が来たの・・・?」

と怪訝な顔をされてしまった、、、痛い思い出(?笑)が、昨日のことのようです。
(補足:その当時、当緑区のエリアでは、訪問看護ステーションが
 急激に増加していた時期だったのです、、、汗)

しかし、訪問看護ステーションの求められる役割に真摯に向き合っていく中で、

    【24時間・365日】

の体制を、1年前に敷き始めたことは、今思えば相当無謀な賭けでありました。

・急激なご利用者様の増加
・訪問看護の初心者ばかり
・採用しても、スピードが追い付かず・・・

数々の難題はありましたが、当時入社してくれたスタッフが、
今も明るく自信をもって訪問看護に携わっている姿を見ると、

訪問看護でケアができることは、ご利用者様、看護師の双方にとって
本当に素晴らしいことなんだと、実感する次第です。

おかげさまで10月を締めて、

 ご利用者様    120名超

 月間訪問数  1,000時間超

のステーションに成長できたことは、スタッフはもちろん、
連携を持ってくださるケアマネージャー様、ケースワーカー様のおかげです。

本当に、ありがとうございます!

現在のスタッフ体制は、

 看 護 師   12名
 理学療法士    4名
 作業療法士    2名
 言語聴覚士    1名
 事務スタッフ  3名

の、総勢25名になっております。
(これに加え、4月から入社の看護師2名)

まだまだ成長途上の当ステーションですが、一歩一歩、
着実に前進していく所存です。

スタッフには苦労をかけ続けていますが、これも一歩一歩、
「着実に」よい勤務・雇用状態に改善していきます。

決意表明とし、締めさせていただきます。
本当に、ありがとうございます!!